文字サイズ

日本代表藤井ディレクター「一番いい並び」23年ラグビーW杯仏大会日程決定

 ラグビーの2023年W杯フランス大会の試合日程が26日に発表され、世界ランキング10位で前回大会に続くベスト8進出が期待される日本代表は、1次リーグD組の初戦で、9月10日に米大陸第2代表との対戦が決まった。

 大会は9月8日に開幕。1次リーグで日本は世界ランキング3位のイングランドと9月17日の第2戦で、9月28日の第3戦でオセアニア第1代表と、同9位のアルゼンチンとは10月8日の第4戦で対戦する。各組2位までが決勝トーナメントに進む。決勝は10月28日。

 日程決定後、オンラインで会見した日本代表の藤井雄一郎ディレクターは「前回(19年の)W杯も同じような形。一番強いであろうチームが2番目、最初がランクが下のチーム。前回同様の調整でやりやすいのではないか。一番いい並びではないか。上(決勝トーナメント)に行けるか(の可能性)を最後に残して、気持ち的に(アルゼンチンとの第4戦に)チャレンジできる」と話した。

 19年大会で日本はロシアとの開幕戦に続き、第2戦で格上のアイルランドにも勝って勢いに乗った。第3戦でサモア、第4戦でも強豪のスコットランドに勝ち、1次リーグ4戦全勝で初の8強入りを果たした。

 藤井ディレクターはジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチとも話したといい「(試合間隔が)中3日とかではないので、決まったことをやっていくだけ。間隔が開けば、どこに誰が来ようが気にしていない。まず一戦一戦ということ」と2人の会話の様子を説明した。

 同ディレクターはフランス大会の目標について「しっかり決勝トーナメントに行って、(日本が)行ったことのない場所まで」とし、前回のベスト8を上回る成績を掲げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス