文字サイズ

陸上・田中希実、クロカンで「世界のトラックレースのイメージがつくれたら」

オンラインでクロカン日本選手権の前日会見に臨む田中希実
オンラインでクロカン日本選手権の前日会見に臨んだ三浦龍司、田中希実、萩谷楓(左から)
2枚

 陸上の日本選手権クロスカントリー(27日、福岡市・海の中道海浜公園)の出場選手による前日会見が26日、オンラインで行われた。女子8キロに出場する東京五輪女子5000メートル代表の田中希実(21)=豊田自動織機TC=は、「クロスカントリーはペース変動ができるので、世界のトラックレースのイメージがつくれたら」と五輪を見据えた。

 2年前の同大会で初優勝した田中だが、26日の雨天の影響で本番はぬかるんだコースが予想される。「そういうコースを走るのは初めて」と未知の世界。さらに、奄美大島などで走り込み合宿を終えた疲労も残っているが、「そこも含めていいレースをして、次のトラックレースへの弾みにしたい」と前向きだ。

 2年前は「注目されていない中で、いい意味であたって砕けろと(いう思いで)走った」と田中。五輪代表となっても「初心を忘れないことが大事。挑戦者の気持ちで臨めたら」と、貪欲に再び頂点を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス