文字サイズ

藤沢五月がスカート着用で開幕3連勝「大変お気に入りです」

ストーンを投じる藤沢五月((C)JCA IDE)
試合に臨む(右から)藤沢五月、山口剛史((C)JCA IDE)
試合に臨む(左から)藤沢五月、山口剛史((C)JCA IDE)
3枚

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(25日、青森市みちぎんドリームスタジアム)

 1次リーグが行われ、昨年準優勝し、18年平昌五輪では4人制で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの藤沢五月(29)が、SC軽井沢クの山口剛史(36)とのペアで、園部日向子、小野寺浩太組に10-2と快勝し、開幕3連勝とした。

 2年ぶりの優勝へ、圧巻の試合を演じた。第1エンドで2点を奪うと、第2エンドでは不利な後攻で3点スチール。第6エンドでも3点を入れて8点差を付けると、相手は負けを認めるコンシードを出した。藤沢は「相手にプレッシャーを与えられた良い試合だった」と納得の表情だった。

 今大会はユニホームにこだわっている。藤沢はカーリングでは珍しいスカートを着用し、背中に刻まれた「FUJISAWA」の文字は、山口と色違いだ。藤沢は「ウエアを作る時に、北見の刺繍屋さんに『カーリングの背文字はみんな同じでつまらないよね。もっとおしゃれにした方がかっこいいよね』とお話しいただいて。面白いデザインを提案いただいた」と経緯を説明。「大変お気に入りです」と笑顔を見せつつ、「こういうユニホームがあるんだよと知ってもらって、もっと他の選手にもまねしてほしい」と提案していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス