文字サイズ

陸上・田中希実「e-tax」初体験 東京五輪は「特別な思い報われる判断があれば」

 陸上女子5000メートルの東京五輪代表で、3000メートルと1500メートルの日本記録保持者、田中希実(21)=豊田自動織機TC=が28日、兵庫県小野市の小野希望の丘陸上競技場からスマホを使った電子申告システム「e-Tax」を初体験した。各税務署では来月からの確定申告を前に、コロナ禍での三密防止策として申告会場の混雑緩和を図るため、自宅などからの「e-Tax」の利用をPRしている。

 田中は、練習拠点の競技場から実際にスマホを使って入力。「家でも簡単にできる。今はコロナ禍で税務署に出向くリスクがあるので、手軽にできるのがいいと思った」と感想を語った。

 次戦は日本選手権クロスカントリー(2月27日、福岡)を予定。その後は五輪出場権を狙う1500メートルや1万メートルも視野に入れ、レースを選択するという。

 東京五輪の開催の可否が問われる現状に、選手の立場から「“東京”への特別な思いをみんな持っている」と複雑な心中も口にした田中。「(五輪が)なくなったらなくなったで、目の前のこと一つ一つをやっていくしかない。ただ、みんな東京へ特別な思いを持って長いことやってきて、もうすぐ出られる。何かしら、それが報われるような判断があればいいと思う」と率直に語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス