文字サイズ

春場所の東京開催決定 国技館級の感染対策は困難と判断

 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で大阪での開催予定だった春場所を東京・両国国技館に変更することを発表した。政府指針に沿い有観客で行う。初場所は観客上限5000人だった。初日3月14日に変更はない。

 昨年は大阪で春場所を無観客で開催。5月場所は中止となり、地方場所の7月・名古屋、11月・九州場所も東京に変更。1年ぶり地方場所を行う準備を進めていたが、緊急事態宣言が延長される可能性も受け断念した。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)が電話取材に対応。相撲熱が高い大阪開催では「関西方面のファンの期待に応えることが出来る。関西の後援者の皆さんの維持にもつながる」とのメリットがあるものの、リスクが大きすぎた。

 感染症の専門家が複数回、会場を調査。国技館級の感染対策は困難と判断された。さらに大阪入りの前と後で2度のPCR検査が必要となる。宿舎が確保できない部屋も発生する可能性もあった。

 宿舎では共有スペースで一般の方々と接触することも増える。宿舎の感染対策も十分かも保証できない。力士が入院することも東京ほどスムーズに運ばない状況も考えられる。

 「リスクの部分が大きくなるということから、今回はワクチンの接種も始まっていない。大阪場所に向けては準備する期間というのも必要なので、今の状況だと準備にいく状況にもないし、日にちが足りない」と、同部長は説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス