文字サイズ

正代は朝乃山に敗れる 行司と接触、回り込めず ともに11勝4敗

正代(右)を押し出しで破り、大関対決を制した朝乃山=両国国技館(撮影・佐藤厚)
正代(右)を押し出しで破り、大関対決を制した朝乃山=両国国技館(撮影・佐藤厚)
2枚

 「大相撲初場所・千秋楽」(24日、両国国技館)

 大関正代(時津風)は結びの一番で大関朝乃山(高砂)と対戦。押し出しで敗れて4敗目を喫した。勝った朝乃山も11勝4敗で終えた。

 すでに1差で追っていた大栄翔(追手風)が優勝を決めた後の一番だった。立ち合いで押し込まれた正代は、回り込む際に行司とぶつかり、進路をふさがれる形になってそのまま押し出された。

 11月場所をケガで途中休場し、かど番で迎えた今場所。両横綱は不在、大関・貴景勝(常盤山)も10日目以降休場となり、幕内最上位となった。11日目で大栄翔と2敗で並んだ。4日間で4つの物言いがつくなど、際どい相撲を繰り広げながら意地は見せたが、前日14日目に照ノ富士(伊勢ケ浜)に敗れ一歩後退。これが痛恨だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス