文字サイズ

大栄翔2敗死守し単独トップ 正代は照ノ富士に敗れ3敗目

玉鷲(右)を下し、2敗を守った大栄翔=両国国技館(撮影・佐藤厚)
玉鷲(右)をはたき込みで下し、2敗を守った大栄翔=両国国技館(撮影・佐藤厚)
照ノ富士(背中)にはたき込みで敗れ、3敗となった正代=両国国技館(撮影・佐藤厚)
3枚

 「大相撲初場所・14日目」(23日、両国国技館)

 2敗でトップ並走していた大関正代(時津風)は関脇照ノ富士(伊勢ケ浜)と対戦。はたき込みで敗れて3敗目を喫した。

 立ち合い相手に踏み込まれたがこらえて逆襲。体勢有利になったが攻めきれず、引いたところを逆襲された。有利不利が入れ替わる激しい攻防の末、最後ははたかれてバッタリうつ伏せに倒れた。顔をくしゃくしゃにして悔しがった。

 西前頭筆頭の大栄翔(追手風)は玉鷲(片男波)と対戦。はたき込みで退け、12勝目を挙げて単独トップに立った。

 立ち合いから激しく突き放して攻勢。土俵際で相手が前に出たところをタイミング良くはたきこんで横転させた。

 この結果優勝争いは2人に絞られた。大栄翔が優勝なら自身初。正代(時津風)が優勝なら昨年9月場所以来2度目。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス