文字サイズ

優勝争い並走2力士 14日目は正代が照ノ富士と、大栄翔は玉鷲と対戦

大栄翔が押し出しで竜電を破る=両国国技館(撮影・堀内翔)
 正代(左)が叩き込みで隆の勝を下す=両国国技館(撮影・堀内翔)
 隆の勝(右端)を叩き込みで破った正代=両国国技館(撮影・堀内翔)
3枚

 「大相撲初場所・13日目」(22日、両国国技館)

 優勝争いは、大関正代(時津風)と、大栄翔(追手風)が2敗をともに守った。両者の直接対決は、3日目に大栄翔の勝利で終了しており、お互いに別の相手と残り2日を戦う。

 14日目は大栄翔は玉鷲、正代は照ノ富士と顔を合わせる。

 千秋楽の取組は14日目に発表されるが、正代は朝乃山(高砂)との大関戦が予想される。大栄翔は負け越しが決まっていない力士の中で、今場所対戦していない力士は隠岐の海(八角)が最上位(同じ追手風部屋で対戦がない遠藤は除く)。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス