文字サイズ

石川佳純が涙の優勝「諦めずに」逆転で5年ぶり5度目、女王返り咲き 伊藤美誠を下す

 優勝し、両手を掲げる石川佳純(撮影・北村雅宏)
優勝決定の瞬間、拳を握る石川佳純=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・高部洋祐)
優勝し、涙ながらにスピーチする石川佳純=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・北村雅宏)
3枚

 「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子シングルス決勝は、ともに東京五輪代表の石川佳純(27)=全農=と伊藤美誠(20)=スターツ=が対戦。最終第7ゲームまでもつれた大接戦は石川が4-3(4-11、11-7、7-11、7-11、12-10、11-5、11-9)で制した。優勝を決めた瞬間。目に涙を浮かべた。

 石川が勝負強さを発揮して劇的な逆転勝ちを見せた。第1ゲームを先取され、第2ゲームこそ奪い返したが、第3、4ゲームを落として1-3と後がなくなった。台上技術をうまく使いながらペースを握り、3ゲームを奪い返した。

 コート以上でのインタビューでは涙ぐんだ。「うれしいです。たくさんの人に感謝したい」と感極まった様子。「決勝まで進めて伊藤選手と久しぶりの対戦で、胸を借りるつもりだったので、リードされても最後まで諦めずにいこうと思った。それができてうれしいです。諦めずにというのを言い聞かせてプレーしました」と目を赤く染めて、時折言葉を詰まらせながら話した。

 準決勝では木原美悠(16)=エリートアカデミー=を下すなど、台頭する若手を退けて、3連覇した16年大会以来5年ぶり5度目の優勝。5年のブランクを経ての日本一返り咲きは、女子では史上最長記録。「久しぶりのチャンピオンはうれしいです。恥ずかしくないように、オリンピックまでしっかり準備して最高のプレーができるようにしたいです」。日本代表を長年支えてきた第一人者が五輪イヤーに復権を果たした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス