文字サイズ

アイス立腹で暴行の中学指導者、全柔連が除名処分「命を脅かしかねない」

 全日本柔道連盟(全柔連)は21日、今年9月に兵庫県宝塚市の中学校で顧問を務めていた柔道部員の男子2人に柔道技をかけて背骨を折るなどの重軽傷を負わせて傷害罪で起訴された男性指導者に対し、同日付で除名処分とすることを理事会で決定した。懲戒処分の中で最も重く、事実上の永久追放となる。指導と称してのものだったが、全柔連は指導上での暴力を禁じており、「これらの行為は命を脅かすものとなりかねない」と悪質性を指摘した。

 この指導者は9月25日、校内の冷凍庫で保管していたアイスを部員の生徒2人が無断で食べたとして立腹。他の柔道部員の目前で柔道の投げ技や寝技を連発して負傷させた。生徒の1人は絞め技で失神した後も平手打ちで無理やりに起こされ技をかけられ続けたといい、胸椎骨折で全治3カ月の重傷。もう1人は首を打撲する軽傷を負った。

 この指導者は傷害罪で起訴されており、兵庫県教育委員会は懲戒免職処分としている。指導者として会員登録していた全柔連としても、当事者へのヒアリング調査を独自で行った上で、除名処分を科すことになった。全柔連の除名処分は、今年2月にわいせつ行為で処分された男性指導者2人に続いてのもので計5人目。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス