文字サイズ

競泳・長谷川涼香「溺れるかなと」女子200mバタフライで優勝も「きつかった」

女子200メートル バタフライ決勝 優勝した長谷川涼香=東京アクアティクスセンター(撮影・堀内翔)
3枚

 「競泳・日本選手権」(5日、東京アクアティクスセンター)

 女子200メートルバタフライ決勝が行われ、16年リオデジャネイロ五輪代表の長谷川涼香(20)=東京ドーム=が2分8秒31で優勝した。

 前半からトップに立つと一気に後続を突き放した長谷川。最後は失速したが、2位以下に1秒以上の差をつけてゴールした。10月、11月には国際リーグ(ISL)に参戦。疲労がたまった中でのレースとなり「(最後)25メートルくらいからは溺れるかなと思うくらいきつかった」と苦笑していた。

 目標タイムとしていた2分7秒台には届かなかったが、想定される東京五輪の派遣標準記録(2分8秒43)を切る数字を出した。来夏の東京五輪の会場で優勝できたことに「自信になる」と笑顔。「この会場でオリンピックが開催されることを望んでいる。会場がいっぱいになる姿を見たいし、決勝の舞台に立つのが目標」と話し、「2分5秒0を目標にしているので、強化に励んでいきたい」とさらなる成長を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス