文字サイズ

F1、レッドブル・ホンダが初のW表彰台 フェルスタッペン「素晴らしいこと」

 「F1バーレーンGP・決勝」(11月29日、サキール)

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(タイ)が3位に入った。レッドブル勢のダブル表彰台は17年日本GP以来で、昨季からのホンダとのコンビでは初。メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が5連勝で今季11勝目、通算95勝目を挙げた。スタート直後の事故でレースは1時間以上中断された。

 レッドブル・ホンダの2人が初めて一緒に表彰台に立った。3番手発進のフェルスタッペンはスタート直後に2番手浮上。「ダブル表彰台はチームにとって素晴らしいこと」とうなずいた。

 終盤4番手だったアルボンは、前を走るセルヒオ・ペレス(メキシコ、レーシングポイント・メルセデス)のマシンにトラブルが発生したことで3位に。運を認めつつ「チャンスをつかみ取ることができる位置にいたからこそ」と胸を張った。

 製造者部門の総合2位が確定し、残りは2戦。フェルスタッペンはドライバー部門で自己最高の2位を見据える。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス