文字サイズ

高橋大輔、ミスに「悔しい」も「課題と一安心」の転向初戦 五輪信じ「頑張っていく」

アイスダンスのフリーで演技する村元(左)、高橋組(代表撮影)
アイスダンスのフリーで演技する村元(左)、高橋組(代表撮影)
アイスダンスのフリーで演技する村元(左)、高橋組(代表撮影)
3枚

 「フィギュアスケート・NHK杯」(28日、東和薬品ラクタブドーム)

 アイスダンスのフリーダンスが行われ、男子シングルから転向したバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(34)は、村元哉中(27)=ともに関大KFSC=と出場。93・10点を記録し、前日に行われたリズムダンスとの合計は157・25点で出場3組中3位だった。高橋はツイズル時にバランスを崩して手をついてしまうミスもあったが、高橋は「僕自身、ミスがあってすごく悔しい部分があったけど、デビュー戦を終えて、課題と一安心した部分と、これからより一層モチベーションが高まった部分、いろんな気持ちを感じられたので、そういう意味でいいスタートが切れたと思う」と振り返った。

 演技終了後、どこか渋い表情になり村元に何か語りかけていた高橋。アイスダンス初戦で、完璧な演技とはいかなかったが、ダイナミックなリフトやステップの表現力などで持てる力を出した。

 2人が離れて連続して回転するツイズルで、バランスを崩してしまった。「あそこまでの失敗は普段の練習ではしないので、これが試合なのかな、緊張感なのかな」と、語った。

 このツイズルについては「会場に入ってから、ツイズルがちょっと僕が不安定で」とも振り返った。「考えすぎた部分があるのかな。テクニカルというよりはメンタルかな」と課題に挙げた。

 次の大会は12月の全日本選手権になる。村元は「これは本当に最初のステップの試合で、その先の全日本、北京五輪を私達は目指しているので」、「マリーナ(・ズエワ)コーチ、みんなが、世界に新しい風を起こすダンスチームになると言ってくれているので、世界とも戦えるチームになると言ってくれているのでその言葉を信じて練習あるのみだと思っています」など、さらに高みを目指すと誓った。

 隣の高橋は「ほとんど言ってくれたけど」と笑いつつ、「北京五輪を大きな目標として目指す過程での全日本。3週間なので、焦る気持ちを抑えて、少しでもいいプログラムができるように、着実に練習していけば全日本につながっていくと思う。北京五輪に向けて、難しいことだけど、行けると信じて頑張っていく」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス