文字サイズ

内村航平 一転再検査で陰性 29日の陽性反応は偽陽性 11月国際大会出場へ

 国際体操連盟は31日、29日に新型コロナウイルスの感染が発表された体操男子個人総合五輪2連覇王者の内村航平(31)=リンガーハット=について、30日に行った3つの病院のPCR検査の結果ですべて陰性だったと発表した。

 当初は6日間の経過観察を経て、11月4、5日にPCR検査を受ける予定だったが、急きょ陽性判明翌日の30日に再検査を行った。29日の陽性反応は偽陽性だったという結論に至ったという。PCR検査を行った都内の病院は管轄の保健所に対して、内村の陽性の届け出を取り下げた。内村の体調は「万全」で、今後は大会に向けて調整していく。

 内村は11月8日に行われる日米中露4カ国による国際交流大会(代々木第一体育館)に向けての味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での合宿中に行った28日のPCR検査で陽性反応を示していた。他の出場選手も30日にPCR検査を受け、全員が陰性だった。

 29日の内村の陽性判明を受け、NTCを管轄する日本スポーツ振興センター(JSC)は、30日から体操場の利用を中止していた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス