文字サイズ

サーフィン大原、7カ月ぶり実戦も1位通過 五輪出場へまもなく大一番「やり続ける」

 試合後に取材に応じる大原洋人
2枚

 「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(14日、東条海岸)

 サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が、無観客で行われた。東京五輪種目のショートボードの男子1回戦では19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の大原洋人(23)が、20組を全体トップとなる15・00点で1位通過した。15日からは女子1回戦が開始予定。条件付きで五輪出場権を持つ松田詩野、19年WG代表の脇田紗良が登場する。

 大原が3月中旬以来の実戦で貫禄を見せた。2本の波乗りの合計点を争う中、5本目で8・67点のエクセレントスコアをマーク。合計点で2位に8・53点差を付け圧勝した。

 新型コロナ禍で試合のない日々は、海外のトップ選手の動画を分析。新たなトレーニング方法を模索した。「まだ3、4合目ぐらい」と目標地点までは遠いが、「だんだん良さが出ている」とうなずいた。条件付きで東京五輪出場権を持つ村上舜や稲葉玲王らと練習試合も行い、実戦感覚も磨いたという。

 31日からは東京五輪最終予選の出場権を懸けたジャパンオープンが始まる。五輪出場のラストチャンスに向け「今やってることをやり続けるだけ」と冷静に意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス