文字サイズ

本田真凜 痛恨の曲間違え…アドリブ演技で7位東日本進出「今もドキドキ」望結も通過

 「フィギュアスケート・東京選手権」(10日、ダイドードリンコアイスアリーナ)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム9位と出遅れた本田真凜(19)=JAL=はフリーで提出する曲を間違えてしまったが違う曲で即興演技を披露。フリー93・66点、合計点140・95点で7位に入り、上位18人が進む東日本選手権(甲府)進出を決めた。妹の望結(16)=プリンスホテル=も12位で通過を決め、姉妹での全日本出場に望みをつないだ。

 まさか…だった。フリーは昨季に引き続き「ラ・ラ・ランド」のはずだったが、掛かったのはエキシビション曲、レディー・ガガの「アイル ネヴァー ラブ アゲイン」。3月にステファン・ランビエル氏に作ってもらったきり滑っていなかったという。審判席にいき、演技を中断。コーチと妹の望結が音源を取りに走ったが、中断から1分が経つと失格になる。「やるしかない」と、再びその曲で再開した。

 「ジャンプもスピンも入れていなかったけど、やるしかないと思った。振付も忘れていたのでアドリブでした」。2週間前に負った右肩脱臼の影響もあり、SP後には3回転ジャンプの回避を示唆していたが、冒頭の3回転トーループを含め、ジャンプを着実に決めていった。

 なんとか演技を完遂し、演技後はキス&クライで「こんなことある!?。ビックリした」と苦笑いで話した。ジャッジに時間が掛かり、「失格も覚悟した」。得点が出るまでは手を合わせ、祈った。「点が出てうれしかった。今もドキドキしてる。大満足です」と、胸に手をやった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス