文字サイズ

ケンブリッジ 復活告げる10秒03!低迷抜け「長かった。帰ってこれてよかった」

 男子100メートル、先頭でゴールするケンブリッジ飛鳥(左)=撮影・高部洋祐
3枚

 「陸上・ナイトゲームズ・イン福井」(29日、福井県営陸上競技場)

 男子100メートル決勝が行われ、16年リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルメンバーのケンブリッジ飛鳥(27)=ナイキ=が自己ベストを更新し、日本歴代7位タイとなる10秒03(追い風1・0メートル)で優勝した。前日本記録保持者の桐生祥秀(24)=日本生命=は10秒06で2位だった。女子100メートル障害では青木益未(26)=七十七銀行=が追い風参考記録ながら日本記録を上回る12秒87(追い風2・1メートル)で優勝。男子110メートル障害では金井大旺(24)=ミズノ=が日本記録に0秒02差に迫る自己ベストの13秒27(追い風1・4メートル)で優勝した。

 3年ぶりの自己ベストで、堂々と復活を宣言した。ケンブリッジが、予選、決勝とも桐生を終盤に競り落とし、決勝では日本歴代7位タイの10秒03をマーク。仰向けに倒れ込み空を見上げた。

 「長かった。ハイレベルなレースで勝てたのは久しぶり。ここまで帰ってこれてよかった」-。

 16年には日本選手権を制し、リオ五輪400メートルリレーではアンカーを務め、銀メダルに貢献した。“人類最速”のウサイン・ボルトと競り合う姿は全世界に発信され、一躍日本短距離界の“顔”となった。

 ただ、その後は怪我が続き、低迷。桐生、サニブラウンらが続々と9秒台に突入する中、記録を伸ばしきれず、17、19年世界選手権ではリレーの走者からも外された。「色んな人がいい記録、結果を残していて、世界選手権では悔しい思いもたくさんした。不安というか焦りもあった」と、振り返る。

 本来であれば、東京五輪シーズンだった今季はフィギュアスケートの高橋大輔も担当する渡部文緒トレーナーに師事。余分な筋肉を落とすことで体重は約2キロ落ちたが、バランスを矯正。「絞れて、コントロールできる筋肉が増えた。これまでは少し力任せで、丁寧さに欠けるところがあったけど、レース全体の流れに乗れるようになった」と、モデルチェンジに成功。持ち前の後半の強さに加え、前半からライバルたちについていける余裕ができた。

 今の充実ぶりに、日本人4人目の9秒台、そして日本記録更新の期待も出てくる。「本格的に9秒台も見えてきたと思う」。ヒゲを蓄えて、精悍になった顔に、自信がみなぎった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス