文字サイズ

蔵玉錦・安達敏正さんの告別式で別れ惜しむ 井筒親方「本当に相撲が好きだった」

 9日に多発性骨髄腫のため67歳で亡くなった大相撲元幕内、蔵玉錦(ざおうにしき)の安達敏正さんの葬儀・告別式が13日、都内で行われた。先代武隈親方として最後に在籍した時津風部屋の時津風親方(元幕内時津海)と井筒親方(元関脇豊ノ島)、同学年で親交の深かった大島親方(元関脇魁輝)らが参列し別れを惜しんだ。

 井筒親方は7月場所中に見舞いに行き、手を握ると力強く握り返された。「本当に相撲が好きだった」と懐かしんだ。大島親方は「巡業が20日あったら18日は一緒だった。また1人(同世代が)亡くなったな」と、さみしそうに話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス