文字サイズ

日本レスリング協会、補助金の一部を不適切処理か コーチ報酬の一部寄付させた可能性

 日本オリンピック委員会(JOC)は12日、日本レスリング協会が国などからコーチに支払われる報酬の一部を巡って、12年ごろまで不適切な会計処理を行っていた疑いがあるとして、月内に報告を求めていることを明らかにした。

 関係者によると、日本協会は代表クラスの専任コーチに支払われる報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征の時の会食代や記念品の購入などに使用していた可能性があるという。20年4月に告発文がJOCに届いた。日本協会は「調査中としか言えない」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス