文字サイズ

F1・レッドブルホンダ今季初勝利!フェルスタッペン「最高の一日」

 「F1・70周年記念GP・決勝」(9日、シルバーストーン・サーキット)

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(22)=オランダ=が今季初勝利、19年11月のブラジルGP以来となる通算9勝目を挙げた。ホンダにとっても今季初勝利。4番手発進から快調なペースを刻んで首位に立ち、2位のルイス・ハミルトン(英国)らメルセデスの2台を抑えた。

 レッドブル・ホンダが反撃ののろしを上げた。開幕4連勝中のメルセデス勢を抑え、今季初制覇のフェルスタッペンは「最高の一日。チームとして全てうまくいった」と喜びをあらわにした。

 予選上位10台の中で唯一、最も劣化しにくいハードタイヤで発進。高い気温の中、タイヤ管理に苦しむライバルを尻目に4番手から快調に飛ばした。

 決勝発進時のタイヤは予選2回目突破時のものを使用するルールがある。8日の予選では一発の速さでは劣るハードタイヤを採用し、9番手で予選3回目に進出。ミスが出れば脱落の可能性もあったが賭けに出た。決勝ではタイヤ選択の優位性を生かすプランで「結果が示す通り、戦略が奏功した」。作戦を含めたチームの総合力で王者に土をつけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス