文字サイズ

朝乃山が3敗目 伏兵・照強の奇襲足取りに不覚…藤島審判長「もっと見ていかないと」

 「大相撲7月場所・14日目」(1日、両国国技館)

 新大関朝乃山は急失速で連敗を喫し3敗目。目の前で単独トップの平幕照ノ富士が敗れ、勝てば並んでいたが、照強の足取りに尻もちをつきゴロン。ぼう然の表情でリモート取材を2日連続拒否した。千秋楽、逆転での新大関Vへ最後の力を振り絞るしかない。

 土俵下の藤島審判長(元大関武双山)は「何をするか分からない相手。もっとじっくり見ていかないと。先に仕切って突っ込んでいた」と無策の敗戦に苦言を呈した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス