文字サイズ

幕内千代丸が39・7度の高熱 協会「病院に行かせて隔離して下さい」

千代丸が休場し、明生が不戦勝となった=エディオンアリーナ大阪(撮影・高部洋祐)
3枚

 「大相撲春場所・8日目」(15日、エディオンアリーナ大阪)

 新型コロナウイルスの影響で無観客開催の春場所で幕内千代丸(九重)が39・7度の高熱のため8日目の15日、休場した。7日目の石浦戦で5勝目を挙げ、部屋に帰った後、38・6度の熱があった。

 この日朝も高熱が続き、日本相撲協会危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)に報告。同部長は「病院に行かせて隔離してください」と、指示した。大阪市内の病院でインフルエンザ検査を受け、現在、結果を待っている状況。

 今場所は感染防止を徹底し、37・5度以上の発熱が2日続けば休場となる。発熱が続けば、新型コロナウイルス検査を受け、協会員で1人でも感染者が出れば途中打ち切りとなる。

 また、前日、高熱で休場した序ノ口力士は、この日朝、36・5度に熱が下がった。復帰は力士の状態を見極め、師匠が判断する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス