文字サイズ

大迫傑「いい走りをすれば元気を与えられる」 新型コロナ拡大に選手ら特別な思い

 東京五輪の男子マラソン日本代表選考会を兼ねた東京マラソン(3月1日)に出場する有力選手が28日、都内で会見した。

 新型コロナウイルスへの不安が広がる中、選手も特別な思いを抱えている。感染拡大が深刻な中国のテレビ局から「中国で観戦する人へのメッセージを」と求められ、大迫傑は「僕らがいい走りをすれば元気を与えられると思う」と語った。

 また、設楽悠太は不参加となった一般ランナーに思いをはせ、「沿道に限らず、一般ランナーとすれ違う時の応援も力になっている。出られない選手のためにも全力で頑張りたい」と誓った。井上大仁も「出られなかった方たちにも顔向けできるような走りをしたい」と気持ちを込めた。

 今大会は一般ランナー3万8000人が不参加となり、エリートランナー約200人によって行われる。ボランティアは1万1千人から900人に縮小され、沿道での応援も自粛を呼び掛けている。選手は大会前日までに体温チェックを受け、37.5度以上ある場合は出場を控えるよう促す。報道陣にはマスク着用と手のアルコール消毒が求められた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス