文字サイズ

橋本五輪相、競技団体向け相談窓口設置を発表 新型コロナウイルスに対する連絡会議

 新型コロナウイルスに対する東京五輪・パラリンピックに向けた政府・競技団体間連絡会議が13日、都内で開かれた。橋本聖子五輪相は政府として競技団体向けの相談窓口を設置したことを発表。また、情報共有を図るため、政府、JOC、JPC、都、組織委、関係自治体の担当者からなる対策推進チームを発足させたことも明らかにした。

 会議ではある競技団体から「大会でコロナウイルスに感染していないという証明を出せと言われたが、どうしたらいいか?」という事例も報告された。橋本五輪相は「ネットワークを駆使して、さまざまな不安の解消に努めたい」と、話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス