文字サイズ

羽生結弦 平昌五輪金プログラムに回帰!? ISUプロフィール更新にファン騒然

 フィギュアスケート男子で五輪2連覇王者の羽生結弦(25)=ANA=についての国際スケート連盟(ISU)のホームページ内のバイオグラフィーが1日、更新され、プログラムの欄が今季ここまで滑ってきたSP「秋によせて」、フリー「Origin」からSP「バラード第1番」、フリー「SEIMEI」という18年平昌五輪時に使用していたプログラムに変更された。

 羽生は今季残り四大陸選手権(6日開幕・韓国、ソウル)、世界選手権(3月・カナダ、モントリオール)の2戦を予定。まだ誰も成功させていないクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)への挑戦も視野に入れている。

 この更新はISUのミスなのか、それとも羽生の何らかの思いを意味するものなのか。インターネット上では「えっ!?ちょっとまって?どういうこと?」、「勝ちにいくということなんだろうか」、「間違いじゃないよね」などファンが騒然としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス