文字サイズ

松田瑞生 東京五輪へ「ラストランやと思ってぶつけたい」26日に大阪国際女子マラソン

 東京五輪代表の残り1枠を争うMGCファイナルチャレンジを兼ねる大阪国際女子マラソン(26日・長居陸上競技場発着)の招待選手記者会見が24日、大阪市内で行われた。国内選考会3大会で設定記録である2時間22分22秒を突破しした記録最上位選手が五輪代表に決定。設定記録突破者が出なかった場合は、マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)で3位だった小原怜(天満屋)が代表に決まる。

 18年大会で初マラソン初優勝を飾った松田瑞生(24)=ダイハツ=は、地元大阪で最後の勝負に打って出る。設定記録である2時間22分22秒はMGC期間内で日本女子最速だった松田の2時間22分23秒をもとに設定された。「目標は自分を超えること。22秒を超えないと終わっちゃう。タイムを出すしかない」と、“自分超え”に照準を定めた。MGCは4位に終わり、落ち込んだ時期もあったが、ラストチャンスに向け、調整は順調。「陸上人生で1番走り込んできた。やり尽くした。これで最後でもいい。それぐらいの気持ちを込めて練習した。ラストランやと思ってぶつけたい」と、拳を握った。

 リオ五輪代表で、MGCでは7位だったベテラン福士加代子(37)=ワコール=も最後のチャンスに懸ける。「調子はいいが、自信はない。マイクを持つ手が震えてる」と、福士節で煙に巻きつつ「競技人生を懸けて走る。これから先の自分の人生に繋がるような走りをしたい」と、見据えた。

 女子マラソン代表はMGCの上位2人、前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が決定している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス