文字サイズ

桃田が2月の代表合宿参加の可能性 朴ヘッドコーチ「順調に治療は進んでいる」

 バドミントン日本代表の朴柱奉ヘッドコーチ(55)と男子シングルスの中西洋介コーチ(40)が20日、都内で取材に応じ、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷した男子シングルス世界王者の桃田賢斗(25)=NTT東日本=の状況について説明した。話し合いの場はこれからとしながらも、最短で2月3日~9日に都内で行われるアジア団体選手権へ向けた合宿に桃田が参加する可能性があると明かした。

 会見の冒頭で事故を振り返り、現場に到着した際には、桃田はすでに車から離れて路肩にしゃがみ込んでいたと説明。中西コーチは「放心状態だった。出血もあり、会話をする雰囲気じゃなかったので、寄り添うような感じだった」と状況を明かし、朴ヘッドコーチは「少し時間がたつと、メンタルも余裕が出てきたようだった。大きなアクシデントで残念だが、順調に治療は進んでいる」と話した。

 練習の再開時期は現段階では未定といい、出場を目指している全英オープン(3月)については「世界の歴史ある大会だし、本人はやりたいと思う。順調にリカバリーすれば問題ないと思う」(朴ヘッドコーチ)と説明した。また「どのくらいでコンディションが戻るか、いつとは分からないが、私と桃田の出発前の考えは、なんとか普通にリカバリーできれば、次の合宿から参加しようと話していた」(朴ヘッドコーチ)といい、早ければ2月3日~9日に都内で行われるアジア団体選手権へ向けた代表合宿に参加し、リハビリに励む可能性があるという。本人、所属と相談した上で、今後回復状況を見ながら判断することとなる。

 桃田は13日に遠征先のマレーシアで事故に遭い、あごや眉間の裂傷、全身打撲のケガを負った。15日の帰国後に受けた精密検査の結果、マレーシアで診断された顔面3カ所の裂傷と全身打撲を除き「身体面に異常なし」。所属を通じて「心身の回復に努め、一日も早く元気なプレーをお見せし、皆さまに恩返しをしていきたい」などのコメントを発表していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス