文字サイズ

白鵬の休場理由は「蜂窩織炎」親方「夜、熱が出た」遠藤戦で腰も負傷

 「大相撲初場所・4日目」(15日、両国国技館)

 横綱白鵬(34)=宮城野=が4日目の15日、日本相撲協会に休場を届け出た。「腰部挫傷、右踵部裂傷蜂窩織炎(ほうかしきえん)で今後2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。

 2場所ぶり14度目の休場。4日目に対戦予定だった平幕北勝富士(八角)は不戦勝。

 史上最多を更新する44度目の優勝を目指し、初日は新小結大栄翔に完勝発進したが、2日目、平幕遠藤(追手風)、3日目、平幕妙義龍(境川)と連敗。2日連続で金星を配給した。

 この日朝、都内の部屋で対応した師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)によると、2日目の遠藤戦で腰をぶつけ、「炎症がある」と説明。右踵(かかと)は「場所前の稽古で割れた。きのうの夜、熱が出た」と明かした。

 5年ぶりの賜杯を狙った初場所は今年も戦線離脱となり、治療に専念することになった。「1年最初の場所だし、去年がダメだったし、特に優勝したい気持ちはあったと思う」と弟子の心中を思いやった。

 満身創痍(い)の体にむち打ち、大目標としてきた東京五輪の年は悔しい幕開け。親方は「年を取ってくると傷もある。いろんなところに出て来る。ケガを治しても治り切らない。少しずつでも治して付き合うしかない」と、話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス