文字サイズ

本田真凜、感涙「やっと自分らしいスケートが戻った」65・92点でSP6位

演技を終え、目頭を押さえる本田真凜=代々木第一体育館(撮影・中田匡峻)
3枚

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(19日、代々木第一体育館)

 女子SP(ショートプログラム)が行われ、2016年世界ジュニア選手権優勝の本田真凜(18)=JAL=が65・92点で6位につけた。

 最初のジャンプ要素3回転ループ-3回転トーループの連続ジャンプを降りると、3回転フリップも着氷。後半の2回転アクセルも着氷した。

 フィニッシュを決めると、両手で顔を抑え、涙ぐむ様子が見られた。ガッツポーズも見せていた。

 演技後は「本当にたくさん練習してきて、やるべきことをやってきた。あとは気持ちだけだった。たくさんのお客さんの前で自分らしく滑ることができたのが1番うれしい」など、思いを語った。

 今季はGPシリーズのスケートカナダ出場前に、タクシーに乗車中に交通事故に巻き込まれるなど、不運にも見舞われた。力を出し切り、「試合前は悪夢ばかりだったので、それが振り払えたら。これだけ楽しく滑ることができたのは何年ぶりだろう。やっと自分らしいスケートが戻ったと思う」と前向きな言葉を並べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス