文字サイズ

青学大・原晋監督 箱根駅伝は「やっぱり大作戦」で!

 来年1月2、3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手16人が10日発表され、都内で記者会見が行われた。青学大・原晋監督(52)は毎年恒例の作戦名を「やっぱり大作戦」と発表した。

 今年の箱根では総合5連覇を狙ったが2位。出雲駅伝や全日本駅伝でも優勝はできなかった。再び頂点を狙う作戦を「やっぱり今年の4年生は強かった、やっぱり青山学院強かった、やっぱり青学大を応援して良かった、そんな大手町の最高のゴールを目指したい」と話した。作戦名発表の際には名札を落とすアクシデントも。「落ち着きます」と笑いに変えていた。

 エントリーからは山登りの5区を2年連続で担当した竹石尚人(4年)が外れた。原監督は「走るメドがあるのか面談した結果、『しんどい』『下位の選手を使うべき』と。割り切ることでチームが一体となって前に進むのかな」と話した。苦渋の決断で頂点奪還に臨む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス