文字サイズ

白鵬 首里城で横綱土俵入りを熱望「四股に意味がある」復興を祈願

朝稽古に参加し土俵脇でストレッチをする白鵬
2枚

 大相撲九州場所で史上最多を更新する43度目の優勝を果たした横綱白鵬(34)=宮城野=が3日、下関市で冬巡業に参加。10月末に焼失した沖縄・首里城の復興を祈願し、横綱土俵入りを熱望した。冬巡業は14、15日に同県うるま市で開催され、その前の13日で現在、巡業主催者や日本相撲協会が調整。首里城の敷地内で行う計画で進めている。

 「話は聞いています。そうなると単なる土俵入りじゃない。奉納土俵入りがふさわしい。四股に意味がある。綱を締めるのにどういう意味があるのか」。横綱の四股は古来より邪気を鎮める力があるとされ、「追い払う」と並々ならぬ決意を示した。

 11年3月11日に起きた東日本大震災では毎年のように被災地で復興土俵入り。特に震災後間もない同年6月、岩手県の山田町で土俵入りを披露した直後から余震がピタリと止まったことは白鵬にとって忘れられない。

 「大相撲は目に見えない糸とつながっていると感じるのではなく確信した。我々が行った日も余震があって携帯のアラームが夜、何度も鳴った。次の日、土俵入りして山田町から電話があった。『1回も余震がなく眠れました』と。感動しました。(横綱を)12年やって(横綱在位期間が)最長になったけどこういうのは改めて役目、使命としてまだあるんだと。役目はまだ終わっていない」と、責任感をにじませた。

 過去に震災、豪雨被災地で土俵入りをしており、「水、土、風、火。これでもう何も(被害は)なくなる」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス