文字サイズ

マラソン代表・暑さ得意の中村匠吾 札幌移転も前向く ただ「暑くなってくれた方が…」

 男子マラソンの東京五輪代表選考会・MGCの優勝者で、五輪代表に内定している中村匠吾(27)=富士通=が12日、千葉県内のグラウンドで練習を公開した。MGCから2カ月。五輪マラソン競技は急転して東京から札幌への移転が決定。衝撃に見舞われた。東京での予定とほぼ同じコースで行われたMGC経験者にとって、本番でのアドバンテージが失われることになったが「みんな東京に向かって準備していたので、複雑な思いがあった。1度走ってることでアドバンテージはあったかもしれないけど、札幌に変わってもコースの特徴をしっかり掴んで、準備していくだけ。100パーセントの力を出せるようにしたい」と、前を向いた。

 MGCでも暑くなることを願い、暑さに適応して結果を出してきた“夏男”。札幌も近年は暑くなってきているだけに「どちらかといえば気温が上がってくれた方が自分としてはプラス」と、願った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス