文字サイズ

貴景勝出稽古で10勝3敗 舞の海氏が太鼓判「勝ち越しは堅い」 

 「大相撲九州場所」(10日初日、福岡国際センター)

 左大胸筋肉離れの重傷から再起を期す大関貴景勝(23)=千賀ノ浦=が6日、福岡市内の追手風部屋に出稽古し、幕内大翔鵬、大栄翔(ともに追手風)を相手に計13番取って10勝3敗だった。鋭い出足、低い当たりで動きは上々。大栄翔とは激しい押し合いから押し込まれても、土俵際、逆転の突き落としなど反応も十分だった。

 視察した元小結で相撲解説者の舞の海秀平氏は「出足を見てだいぶいいなと。左は(押すのは)変わらない。外から押っつけるのは弱いけど何とかなりそう。8番(勝つの)は堅い」とした。

 1日の連合稽古で40日ぶりに関取衆との稽古を再開。2日に左胸の違和感を訴えることもあったが、初日に向け不安は払しょくした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス