文字サイズ

マラソン札幌決定 IOC費用負担は明言せず…札幌市、北海道に求める可能性も

 4者協議を前に握手するIOCのコーツ調整委員長(左)と東京都の小池百合子知事(代表撮影)
2枚

 20年東京五輪のマラソン・競歩会場の札幌への移転を協議する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会は最終日を迎え、IOCのジョン・コーツ調整委員長、組織委の森喜朗会長、小池百合子都知事、橋本聖子五輪相による4者会議が1日、都内で行われ、札幌移転が正式に決定した。事前協議なしに強行移転を決めたIOC、受け入れた組織委に反発を強めていた小池知事は、最後まで同意はせず。開催都市の首長の同意がないまま、競技会場が変更されるという前代未聞の決定となった。

 決定を受けて、ここからの大きな焦点は追加で発生する費用をどこか負担するかになる。31日の実務者協議で、IOC、組織委、都、国は、札幌移転による追加経費を都に負担させないで合意した。組織委は強行決定を下したIOCに負担を求める方針を示しているが、この日の会議でコーツ委員長は「次のステップに入る。掛かる費用について、組織委、地元自治体である札幌市、北海道と協議を行わなければいけない」と話し、IOCが全面的に費用負担することは明言せず、札幌市、北海道に負担を求める可能性も出てきた。同委員長は組織委とともに、一両日中にも市や道と協議することを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス