文字サイズ

真凜 練習で涙も「最後までやり抜きたい」22日に衝突事故…痛みに耐え出場決断

公式練習中に目頭を押さえる本田真凜。左は本田武史コーチ=カナダ・ケロウナ(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・スケートカナダ」(25日開幕、ケロウナ)

 前日練習が24日(日本時間25日深夜)から行われ、女子の紀平梨花(17)=関大KFSC=と本田真凜(18)=JAL=が参加した。

 本田は当地入りした22日、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)や関係者らとともにタクシー乗車中に交通事故に遭った影響で、右足のすねに打撲を負った。病院で問診や触診、レントゲンなどの検査受けたが、問題がなかったことから出場を決断。公式練習には右膝下から足首上までベージュのテープを巻いて登場した。3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプを決めるなどしたが、スケート靴のトゥをつく時や着地時などでは顔をゆがめた。また本田武史コーチのもとで号泣する場面もあった。

 事故について問われた本田は「影響はあります」と苦笑い。それでも「自分が出ると決めたので最後までやり抜きたい。試合までにいい状態に持っていけるように全力で頑張りたい」と誓い「気持ちを強く持つことが今は一番大事」と話した。

 もともと本田に割り振られたGPシリーズは中国杯の1戦のみだったが、棄権者が出たことで繰り上がって今大会へのエントリーが決まった。「できることをやりたい」と本田。諦めずに最善を尽くし、チャンスを生かすつもりだ。

 滑走順抽選の結果、本田は1組5番目に決定。女子SPは25日(日本時間26日早朝)に行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス