文字サイズ

競歩金の鈴木、山西 東京五輪に要望「日差し遮って」

 カタール、ドーハで行われた陸上の世界選手権で日本競歩界初の金メダルを獲得し、東京五輪代表に内定した男子50キロ競歩の鈴木雄介(31)=富士通、20キロ競歩の山西利和(23)=愛知製鋼=が8日、都内で行われた帰国会見に出席した。

 しゃく熱のドーハでのレースを経験した競歩金メダリスト2人から、同じく酷暑が懸念される東京五輪への要望が出た。東京は早朝5時30分スタートだが、ドーハにはなかった日差しの問題もある。現在の皇居周辺のコースは日差しを遮るものがほぼなく、山西は「オーバーヒートする怖さがある。直射日光がないだけでも大きく変わってくる」、鈴木も「ドーハより過酷になることはないと思うが、日差しを遮ってもらえたらありがたい」と訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス