文字サイズ

謹慎・貴ノ富士、11日までに何らかの意向回答へ 代理人弁護士を通じて連絡

 日本相撲協会は7日、付け人力士への暴力行為などにより自主引退を促されている十両貴ノ富士が、11日までに何らかの意向を回答すると発表した。代理人弁護士を通じて連絡を受けた。意向の詳細は不明。

 師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によると、貴ノ富士は謹慎を通告されながらも部屋に不在で、都内のマンションに滞在している。協会側は理事会以降、貴ノ富士と直接接触していない。

 千賀ノ浦親方は貴ノ富士の居場所を複数回訪れたが、応答がないと説明。「何かあったらと不安にもなる。本当に心配。顔を合わせて話をしたい」と涙を浮かべた。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は部屋にいない現状に「社会通念上、決まり事は守らないといけない」と苦言を呈した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス