文字サイズ

伏兵・中村匠吾が大混戦制しV 恩師・大八木監督と歓喜の抱擁

 MGCを制して東京五輪代表に内定した中村匠吾
2枚

 「マラソン・グランドチャンピオンシップ」(15日、明治神宮外苑発着)

 大激戦となった男子は、伏兵の中村匠吾(27)=富士通=が2時間11分28秒で歴史的一戦を制した。“4強の一角”だった18年福岡国際マラソン覇者の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が8秒差の2位となった。女子は最初にMGC切符をつかんだ前田穂南(23)=天満屋=が中盤から独走し、2時間25分15秒で優勝。16年リオデジャネイロ五輪トラック代表の鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2位に入った。男女とも上位2人が東京五輪代表に内定した。

 大迫、設楽らのような派手さはなくても、その名にもある“匠(たくみ)”な仕事が光った。

 中村は残り3キロでまず1度目のスパートを繰り出し、余力のない選手たちを振り落とすと、残り1・5キロで1度大迫に追いつかれ「焦りはあった」と振り返ったが、前日の試走時に「ポイントになる」と見ていた残り800メートルの小さな坂で再びスパート。本命たちの心を折り、歓喜のゴールテープを駆け抜け、駒大時代から社会人になっても指導を受ける大八木弘明監督に力強く抱きしめられた。

 16日が誕生日。26歳最後の日に大仕事を成し遂げ「27歳をいい形で迎えたかった。優勝して、五輪内定が出て、自分自身に1番の誕生日プレゼントができた」と笑った。

 箱根駅伝V6の名門駒大出身から初の五輪マラソン代表となった。大学時代に大八木監督にマラソンの才能を見出され、「卒業後も一緒にやらないか」と誘われた。「うれしかった。この監督と五輪を目指せれば、たどりつけるんじゃないかと」。

 大八木監督はこの日、沿道には行かず、テレビで中村の走りを見守った。残り1キロで声かけにいく予定だったが「ハラハラして涙が出て行けなかった」。箱根駅伝で恒例の監督からの「男だろ!」など名調子でのゲキは飛ばなかったが、堂々と藤色のタスキとともに培ったプライドを見せつけ、“男になった”中村。大八木監督は「駒大から五輪選手を出すのが夢だった。25年間。藤田敦史も出したかったけど、世界陸上までだったから。本当にうれしい」と万感の思いをかみしめ、中村は「少しはこれまでの指導の恩返しができたかな」と胸を張った。

 大八木監督が「僕は怒ったことがない。無口で大人しいけど、芯が強い子」と評するいぶし銀。東京五輪での男子マラソン28年ぶりのメダルへ、再び“男になる”。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス