文字サイズ

白鵬が琴ノ若に稽古「思い出に残ればなと思った」

 琴ノ若(右)のぶつかり稽古で胸を出す白鵬
2枚

 大相撲夏巡業が28日、岐阜市で始まり、横綱白鵬(34)=宮城野=が初日いきなり土俵に上がり、十両琴ノ若(21)=佐渡ケ嶽=のぶつかり稽古に胸を出した。約5分、期待のサラブレッドを土俵で引っ張り回し、転がして泥まみれにした。

 父・琴ノ若とは対戦もあり2勝0敗。自身の冠大会「白鵬杯」にも父に連れられ幼少期より来ていたのも知っていた。その子に横綱流の昇進祝いだった。

 「お世話になったので恩返しというか、思い出に残ればなと思った。重さはあった。(父と)懐の深さが似ている」と目を細めた。

 幕下上位では“昭和の大横綱”大鵬(故人)の孫、納谷(大嶽)、元横綱朝青龍のおい、豊昇龍(立浪)と横綱DNAを継ぐ若武者が力を付けている。「楽しみというか恩返しになる。上がってこないと」と、早期の対戦を心待ちにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス