文字サイズ

貴景勝 2場所で大関陥落へ…かど番で休場決断 右膝間に合わず「師匠の判断は絶対」

 朝稽古後に千賀ノ浦親方(左)と話し合う
 千賀ノ浦部屋宿舎を無言で出る貴景勝
2枚2枚

 「大相撲名古屋場所」(7日初日、ドルフィンズアリーナ)

 右膝負傷で先場所を途中休場した大関貴景勝(22)=千賀ノ浦=が4日、かど番の名古屋場所を休場することが決まった。全休の見通しで秋場所(9月8日初日、両国国技館)は関脇に降下する。新大関から在位2場所での陥落は現行制度では2000年の武双山に並ぶ最短。秋場所で10勝を挙げれば大関に復帰できる。強行出場へ強い意志を見せていたが、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)と計4時間半に及ぶ会談で説得され、断念した。

 計4時間半以上にも及ぶ説得。出場へ強固な決意を見せていた貴景勝も最後は折れた。午後6時40分、宿舎の前ではっきりと自身の決めた結論を語った。

 「休場します。出るつもりでいたけど、親方に相談して何年後も見据えた時、もう少し膝を万全に治してからじゃないと、と。自分も考えて判断、選択をした。師匠の判断は絶対。僕も納得した」

 師弟ともに引かぬ長い1日だった。この日の朝稽古後、貴景勝が千賀ノ浦親方に出場を直訴したが“待った”。休場を何度も勧告された。4時間以上の話し合いは平行線。テレビ出演のため一時、部屋を退出。結論の出ないまま中断となった。

 午後6時過ぎ、宿舎に戻り、師弟会談が再開。貴景勝が「休場させていただきます」と、ついに“完落ち”。師匠は「よく考えて決断したな」と胸をなで下ろした。

 無念の思いはぐっとこらえる。名古屋入り後、基礎運動を慎重に行い、2日から若い衆を相手に相撲を取る稽古を再開させた。「膝は万全に近い」と回復に自信。だが、関取相手に実戦稽古を行うまでに至らなかった。先場所は再出場し1日で再休場。師弟ともども同じ過ちを繰り返すわけにはいかなかった。

 今後は東京に戻り、リハビリにもう一度専念する。夏巡業には途中合流する予定だ。最短で大関の地位を失うが「あくまで、もう一つ最後の番付を目指す」と、横綱を目指す歩みに揺るぎはない。

 「5、6年後にこの経験があったから今の自分があると言えるくらいに。強くなって帰ってこないといけない」。まずは来場所、10勝を挙げ1場所で大関を取り戻す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス