文字サイズ

世界水泳福岡大会の基本計画発表 21年開催、会場を正式決定

 2021年世界水泳福岡大会の基本計画を発表した、大会組織委員会の青木剛会長(右端)ら=22日午後、福岡市
1枚拡大

 2021年に福岡市で開催される水泳の世界選手権の組織委員会は22日、実施会場を正式決定し、大会の基本計画を発表した。会期は7月16日から8月1日まで。競泳とアーティスティックスイミング(AS)がマリンメッセ福岡、飛び込みは福岡国際センターで行われる。

 日本開催は01年福岡大会以来20年ぶり2度目。組織委員会会長を務める、青木剛日本水泳連盟会長は「前回の福岡大会をきっかけに(日本の)競技力は大きく向上した。それをさらに上回っていきたい」と日本勢の活躍に期待感を示した。

 併催される世界マスターズ選手権は福岡だけでなく、熊本市で水球、鹿児島市でASが行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス