文字サイズ

フェンシング・見延和靖 100円マジックハンドで世界をとる!

 海外遠征から帰国した見延和靖
1枚拡大

 フェンシング男子エペで、5日のグランプリ(GP)大会(コロンビア・カリ)で日本人初の2度目のGP優勝を達成した見延和靖(31)=ネクサス=が21日、成田空港に帰国した。

 今季は絶好調で、世界ランクは2位まで浮上。「世界一が見えてきた」と、意欲を見せた。究極の目標は「歴史に名を残す最強のフェンサー」。そのために「五輪もグランプリも通過点にすぎない」と、大舞台でさえ踏み台にする勢いだ。さらに「教科書に載りたい」と夢を語る。憧れは織田信長。戦国武将のごとく、戦術のうまさで頂点を狙う。

 すべてを競技にささげている。2、3年ほど前から、日常生活にマジックハンドを導入。剣の感覚と重ね「あえて近くのものを取ったりする」。購入先は100円ショップ。弘法は筆を選ばない。「すぐ壊れるのでもう7本目ぐらい」と笑った。

 次戦は6月のアジア選手権(千葉)。絶好調剣士の勢いは止まらない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス