文字サイズ

体操・村上の代表漏れ…強化本部長が特例選出を示唆 「不測の事態」で理事会に提案も

会見で涙を見せる村上茉愛=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・出月俊成)
3枚

 「体操・NHK杯」(18日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子個人総合が行われ、体操女子の18年世界選手権個人総合銀メダリストの村上茉愛(22)=日体大ク=は、両仙腸関節症のため棄権した。これにより10月に開幕する世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)の代表入りが規定上はなくなったが、田中光女子強化本部長は「もう一度理事会に提案する可能性がある」と“特例”を示唆した。

 事前に定められた日本代表選出のルールは、全日本選手権の個人総合(予選と決勝の合計)と、この日に行われたNHK杯の得点を合わせ、個人総合の上位4人を代表として選出(年齢、国籍など代表の規定を満たさない選手は除外される)する。この項目により、寺本明日香、畠田瞳、杉原愛子、梶田凪の4人が代表に決まった。

 残る1人はチームとしての得点が最高になるようなスペシャリストが選出される。その条件として、全日本選手権とNHK杯の合計得点で12位以内に入っている必要があった。NHK杯を棄権した村上は12位以内に入れず、代表入りは消滅した。

 日本協会にとって、負傷によるエースの不在は想定外の事態。田中女子強化本部長は、今後、村上が代表に選出される可能性について「ルール上、選考基準を出しているので、ない」と否定はした。しかし、「不測の事態で厳しい状況なので、計算をし直して、もう一度理事会に提案する可能性がある」と“特例”も示唆。「村上さんが出た時、出なかった時の計算をして、女子の強化本部会で協議して理事会に出すか考えたい」との考えを示した。

 理事会への提案の具体例としては、「補欠で入れる」、「NHK杯12位以内(の条件)を取り除く」を示した。「去年の個人総合2位の選手がいなくなる。ネームバリューもある。非常に苦しい」と緊急事態であることを認めている田中女子強化本部長は「この事態を深く重く受け止めている。できるだけのことをして、なんとか枠を取りたい」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス