文字サイズ

「ゴンザガ大得点王ハチムラ、NBAドラフトへ」米メディアも大々的に報じる

八村塁
八村塁
2枚2枚

 富山県出身でバスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大に所属する八村塁が15日(日本時間16日)、自身のツイッターでNBA挑戦を表明した。現在、3年の八村は大学卒業前のドラフト対象選手となる「アーリーエントリー制度」を使って6月20日(同6月21日)に行われるNBAドラフトに参加する。

 八村はこの日午後、自身のツイッターを更新。「この3年間ゴンザガ大でプレイをできた事は、自分の人生において素晴らしい経験でした。そこで新たに大きく、僕の夢に一歩近ずく事ができました。そして今回、NBAドラフトにエントリーする事を家族とコーチと話し決断しました。最初にゴンザガ大の皆さん、特にコーチやスタッフに感謝です」(原文ママ)とつづった。

 さらに、大学のチームメートやファンには「3年間の愛情とサポートに、本当に感謝しています」(同)、日本のファンには「いつも応援して頂き本当ありがとうございます。皆さんのサポートと応援があったからこそ今の僕がいます。これからもよろしくお願いします!」(同)とのメッセージを贈った。

 八村の表明を受けて、米スポーツ専門局ESPN(電子版)は「ゴンザガ大得点王ハチムラ、NBAドラフトにエントリーする」との見出しで速報。「ハチムラは代理人を雇う意向がある」とし、「ESPNベスト100の18位にランキングされている八村の今季の成績は1試合平均19・7得点、6・5リバウンド。チームは全米大学トーナメントでベスト8だった」などと伝えた。

 この日は同ドラフトで全体1位指名が予想されるデューク大1年のザイオン・ウィリアムソンもNBA挑戦を表明。複数の米メディアは、将来有望な2選手がドラフト対象選手に加わったことを大々的に報じた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス