文字サイズ

坂本花織が本番衣装で最終調整 19歳初戦に順調仕上がり

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(11日、マリンメッセ福岡)

 今季成績上位6カ国・地域で争われ、連覇がかかる日本は、男子は宇野昌磨(トヨタ自動車)、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)、女子は紀平梨花(関大KFSC))坂本花織(シスメックス)が出場する。

 第1日は男女ショートプログラム(SP)などが行われ、午前の公式練習でまず女子の紀平と坂本が本番に向けて調整を行った。

 濃いピンクの衣装を身につけて練習した坂本は、3回転フリップ-3回転トーループのコンビネーションジャンプなど入念に確認。SP曲をかけた練習ではすべてのジャンプで着氷した。

 9日に誕生日を迎えたばかりの坂本にとっては、今大会が19歳初戦。10日の練習後には、四大陸(4位)、世界選手権(5位)と「ここ2試合悔しい思いで終わっているので、その悔しさをそろそろ晴らしたい」と今季最終戦へ奮起していた。

 女子SPは午後4時35分から行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス