文字サイズ

柔道新色畳を発表 場内は青、場外は赤 観客見やすい色に…世界選手権&東京五輪で使用

井上康生日本代表監督
1枚拡大

 全日本柔道連盟は12日、今年の世界選手権東京大会(8月25日開幕)で、新色の畳を採用することに合意したと発表した。国際柔道連盟によると、この新色畳は20年東京五輪でも採用予定。新色の畳は試合場内が青、場外は赤色で観客やテレビ視聴者にとってより見やすい色を検討した結果としている。

 全日本柔道連盟によると、この新色の畳は、4月6、7日の全日本選抜体重別選手権で世界初披露の予定で、各階級のトップ選手が世界選手権と同じ畳で試合を行う。その後、世界選手権でテストされ、20年東京五輪でも使用予定だという。

 山下泰裕会長は連盟を通じ「使用する畳や色が決定したことで、選手達は世界選手権大会や東京オリンピックをより具体的にイメージ出来るのではないかと思います。2020東京オリンピックまであと500日となりましたが、最高の舞台で選手達が全力を尽くし、国民に夢や希望を与えられるよう、関係者一丸となり準備に邁進する所存です」とのコメントを発表。

 畳は国際柔道連盟のオフィシャルパートナーである中国のタイシャン製だという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス