文字サイズ

志摩ノ海、母校近大から初の化粧まわし「めちゃくちゃうれしい」

母校・近大から化粧まわしを贈られ伊東監督と満面の笑みで握手する志摩ノ海
1枚拡大

 「大相撲春場所」(10日初日、エディオンアリーナ大阪)

 東十両筆頭の志摩ノ海(29)=木瀬=が7日、東大阪市の母校・近大を訪れ、同大から初の化粧まわしを贈られた。同大出身の現役力士では誉富士、宝富士(ともに伊勢ケ浜)、徳勝龍(木瀬)、朝乃山(高砂)に続き5人目の贈呈となる。

 相撲部の恩師・伊東勝人監督、清水由洋理事長らが贈呈式に出席し祝福を受けた。「めちゃくちゃうれしい。(OB関取は)みんな持っていて僕だけ持っていなかったので欲しかった。先輩が着けているのを見てかっこいいと思っていた。(春場所)初日から着けます」と、喜びをかみしめた。

 12年夏場所で初土俵を踏んだ。13年名古屋場所で左膝前十字靱帯断裂の重傷を負い、翌場所から5場所全休。序ノ口まで番付を落としながらはい上がった。昨年春場所で十両復帰してからは十両に定着。先場所、13勝2敗で十両優勝を果たした。「長かった。足踏みもした。腐らずにやってきて良かった」と苦難の道のりを思った。

 準地元の大阪で幕内昇進を懸ける。「勝ち越したい思いはある。先場所で大阪もいけるという自信になっている。幕内で(化粧まわしを)着けたい」とさらに上の地位を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス