文字サイズ

坂本花織、卒業式で号泣「リボンがビショビショ」

クラスメートと一緒に卒業を祝う坂本花織=神戸野田高校(撮影・持木克友)
2枚

 フィギュアスケートの平昌五輪代表、坂本花織(18)=シスメックス=が21日、神戸市長田区の神戸野田高校で卒業式に出席した。式典で号泣したという坂本は「結構泣きました。(制服の)リボンがビショビショです」と大照れ。3年間ともに学んだスポーツクラスの30人と担任の山本知穂教諭とのホームルームでも「3年間、みんなの笑顔に支えられてつらい時も乗り越えられました」と言い、涙で言葉をつまらせた。

 「絆が深い」という3年間一緒のクラスは「みんながスポーツをしているのでいつも戦っている状態。くじけそうになっても、みんな頑張っているから自分も頑張ろうと思った」と振り返る。「(練習でコーチから)怒られた時も(学校へ来れば)夕方には切り替えられた」と高校生活は心の支えだった。

 来月は世界選手権(3月20日開幕、さいたま)が控え、4月には神戸学院大経営学部に入学する。クラスメート全員から、同校のエール「野田ファイヤー」のスペシャル版として「かおちゃん、ファイヤー!」を送られた18歳は、「先生方が優しくしてくださり、友達も勉強を助けてくれて、3年間過ごすことができた」と最後まで感謝の言葉が尽きなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス