文字サイズ

関学大・鳥内監督 19年度限りで勇退 大村アシスタントHCら後任候補

 関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(60)が11日、2019年度シーズン限りで退任すると表明した。大阪市内のホテルで行われた甲子園ボウル優勝祝賀会であいさつした後、再び壇上に立ち「実は来シーズンをもちまして監督を退こうと決めてます。去年から決めていました」と話した。

 鳥内監督は1992年の就任以来、チームを14度の甲子園ボウル出場、11度の優勝に導いた名将。当初、1期4年の任期で引き受けたといい「4年4年の繰り返しで、来シーズンが終わって7期(28年)は長すぎる。そろそろバトンタッチやろうな」と説明。その間に「コーチもだいぶ体制が整備できた」とし、後任に託す考えを示した。

 新シーズンが始まる前に表明した理由については「1年をかけて(次の体制を)考えてほしい」。後任監督は大学側とも協議し19年度シーズン終了までに決定するが、大村和輝アシスタントヘッドコーチらが候補とみられる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス