文字サイズ

荒磯親方滑らかトーク…解説者として“初土俵” 高安Vで「解説しやすかった」

 席に着き解説の準備をする荒磯親方
1枚拡大

 「日本大相撲トーナメント」(10日、両国国技館)

 日本大相撲トーナメント第43回大会が10日、東京都墨田区の両国国技館で開催され、初場所で引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)=田子ノ浦=がフジテレビの生中継にスペシャルゲストとして登場し、解説者デビューを果たした。トーナメントは弟弟子の大関高安が初優勝した。

 現役時代に支度部屋で見せた無口なイメージはどこへやら。注目された荒磯親方の“解説初土俵”は発声が明瞭な上に流れもスムーズ。内容も的確で分かりやすく、100点満点の出来栄えだった。

 弟弟子の高安の相撲に触れた場面では「彼は左四つ、右四つ、突き押しと何でもできるが、ひとつこれはというものを鍛えてほしい。それを伸ばしていけばもっと強くなる」。常日頃、一緒に稽古をしてきたからこそ分かる解説だった。

 前日に協会の紺色ジャンパーを着て警備部門で親方初仕事をこなし、この日はスーツ姿でバッチリ決めて、放送席に入る際には観客にもみくちゃにされながら、立て板に水のしゃべりを披露。「緊張はしなかったけど、かんでましたよ。でも、高安が勝ち進んでくれたので解説しやすかった。この勢いで春場所は優勝してほしい」と謙虚に振り返った。

 この日のしゃべりだけでも、分量では初場所1場所分のコメントを超えている。「自己採点はしない。もう呼ばないでください」。逆に引っ張りだこになりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス